フィナロイドとフィンペシアはどっちがいいのか、その違いを比較してみました♪

フィンペシアの特徴

フィンペシアの特徴から見ていきましょう。

2つの薬を比較をすると、どの様な点に違いがあるのでしょうか。

フィンペシアの特徴

また、海外の医薬品であるという点に不安を抱く方も多いでしょう。

そこで、フィンペシアの特徴や製造しているメーカーについても紹介します。

フィンペシアとは

フィンペシアとは、フィナステリドを配合したプロペシアのジェネリック医薬品です。

他のプロペシアジェネリックと比較をすると、価格が少々高い点が特徴となっています。

ですが、実感できる治療薬として、AGA患者から注目を集めています。

海外の製薬メーカーが製造しており、日本では個人輸入にて購入することが可能なAGA治療薬としてインターネットを中心に注目を集めています。

フィンペシアの製造会社はどんな会社?

フィンペシアの製造会社はどんな会社?

フィンペシアを製造している会社は、インドでトップの製薬メーカーであるシプラ社です。

シプラ社はジェネリック医薬品の製造を行っていることで有名であり、国内外問わず信頼されています。

海外の会社であるという点や、一般消費者にとっては聞き馴染みのないメーカーであるため、不安に感じる方も多いでしょう。

しかし、シプラ社は海外医薬品の個人輸入代行会社にとっては有名であり、国内で扱われている数も多いのです。

そもそもインドの製薬メーカーは、ジェネリック医薬品の製造技術に長けています。

中でも最も技術スキルが高いとされているメーカーがシプラ社であり、インド国内は勿論、海外からも注目されているのです。

錠剤の大きさ・飲みやすさの比較

錠剤の大きさ・飲みやすさの比較ですが、

当治療薬の錠剤には線が入っているため、量を調整しやすい点が特徴です。

錠剤ですが、フィンペシアの方が多少小さいものの飲みやすさに影響を与えるほどの違いはありません。

感想の比較

感想の比較

フィンペシアの感想を比較して見て行きましょう。

フィンペシアの良い感想

「フィンペシア1錠に加え、ミノキシジルタブレット10mgを半分に割り服用しました。3カ月後には実感でき、6か月で髪の毛が生えました。」

体調を管理しながら、量を調整するという方法も有効です。

当治療薬の良い感想

「ミノキシジルタブレットとの併用で、3ヶ月ほど飲んでいます。
生え際には産毛が生えてきたため、これは良い!と感じ、服用を続けるつもりです。」

一緒に服用する方は非常に多いことが特徴です。

薄毛改善の効能が実感できたという内容が目立ちます。

それぞれの悪い感想

「ミノキシジルタブレットだけでも実感できたのではと思います。」

この様な感想も見られます。

薄毛の状態には個人差がありますが、ミノキシジルタブレットはAGA改善用の医薬品ではありません。

血行促進作用が期待できるタブレットです。

そのため、まずは専用の医薬品から試してみる事をおすすめします。

AGAの進行状況によって、より高い効能を得るために服用することを検討してください。

価格の比較

価格の比較

次は価格を比較してみます。

飲み続けるためには、それぞれの価格も非常に重要です。

1ヶ月では実感できないため、セットで数週間分購入することをおすすめします。

単品や、セットで購入した際の価格を比較してみましょう。

フィンペシアの価格

フィンペシアの価格ですが、

1箱30錠入り)2,097円、1箱100錠入りは3,014円と2箱セットが5,283円です。

旧商品も販売されており、30錠1,925円となります。

1箱100錠入り2,842円、2箱セットで5,054円、3箱セットで7,208円です。

旧商品との価格差はないため、新しいタイプを購入した方が良いでしょう。

当治療薬の価格

1箱30錠1,982円です。

1箱100錠入り2,865円、2箱セットで4,996円、3箱セットで7,105円となっており、どちらもセットで購入した方がお得であることが分かります。

購入後、自宅に届くまでに日数が必要です。

服用できない期間が発生しないようにするためにも、セットで購入することがおすすめです。

フィナロイドのトップへ